Skip to the content.

概要

Julia は2018年にバージョン1が公開されたオープンソースの科学技術計算言語で、 Fortranの様に高速でかつPythonの様に生産性の高い言語である [リンク]。 Julia は様々な分野において活用が始まっている。 本研究会では、主に基礎科学においてのJulia の使用例などを議論する。 また可視化、高速計算、微分方程式の数値解法、統計・機械学習分野への応用例や実装例、パッケージ開発も議論の対象とする。 研究機関に所属する研究者だけでなく産業界での研究者、学生などの積極的な参加を歓迎する。

日時

2023/7/10(月), 11(火), 12(水)

場所

九州大学伊都キャンパス

プログラム

招待講演者による講演のほか、ポスター講演も募集予定です。 入門的なチュートリアル講演も予定されています。 詳細は追ってホームページ上で連絡します。

決定済みの講演者

参加登録

TBA

リンク

主催: 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
共催: 科学研究費補助金学術変革領域研究(A)「学習物理学の創成」
科研基盤研究(C)「Julia言語を用いた新しい計算機数論システムの開発とその応用」

本研究会は2023年度IMI共同利用研究 カテゴリー「数学と物理におけるJuliaの活用」(2023a015)の支援を受けた。